冷蔵庫の”お菓子の家”をリノベーション?お小遣い・ご褒美代わりの駄菓子を匠の技で直せるのか!

リフォーム・リノベーションは家だけじゃない!冷蔵庫の中にも改修が必要なものが隠されている!その隠されたものの正体とは、

お菓子の家!

冷蔵庫の中、一番上の段に茶色い箱がある。

その中身を知るものは少ない、少ないっていうか、自分一人しか知らない。

今日初めて、自分以外に箱の中身を晒そうと思った。

お菓子大好きな小学生だったら目が点になって(╯°□°)╯、息が止まるぐらい衝撃の画像になっていると思う。

では、パカッ!

冷蔵庫に隠した秘密の箱の中身は駄菓子・おやつの山

冷蔵庫に隠した秘密の箱の中身は駄菓子・おやつの山

なんだこりゃ、第一声がそうなるような散らかり放題のお菓子の家・・・。

家というよりも、お菓子のゴミ屋敷みたいになっている。

ラムネ、飴玉、チョコレート、ゼリーなど多種多様なお菓子が盛りだくさん

ラムネ、飴玉、チョコレート、ゼリーなど多種多様なお菓子が盛りだくさん

甘いモノが好きだから自分で食べる用に買ったものや、

人に上げる時、お駄賃・ご褒美の小遣い代わりに買った駄菓子まで、

ほんとに食いたくて買ったんか?と問い詰めたくなるほど雑然と放り込まれている。

珍味系の駄菓子も混じった秘密のおやつボックスの中身

珍味系の駄菓子も混じった秘密のおやつボックスの中身

これらのお菓子を毎日、食べてるわけじゃない。週に一度ぐらいの頻度で取り出して、それぞれ中身を1個ずつ皿に分けてあげたりしてる。

特に小さい子どもの場合は1種類のお菓子が沢山あるよりも、ひとつずつでもたくさんの種類のお菓子のほうが、どれから食べようか悩むこと自体が楽しくなるみたい。

しかし今回、自分でも何を買ったのか忘れた、こんなもの買った覚えがない!みたいに箱の中身と頭の中が混乱しているので整理するために全部取り出してみることにした。

スポンサーリンク

子供の頃に憧れたお菓子の大人買いは混沌と混乱を生んだ

一旦、箱の中身を全て出してチェックする

一旦、箱の中身を全て出してチェックする

なんでこんなにも買ってしまったのか、自分でもよく分からない・・・(汗)。

子供の頃に、お小遣いという制度?決まりがなかった家だったから大人になって反動が出たのかもしれない。

または、大人になっても駄菓子好きが抜けきれないだけなのかもしれない。

スーパーやコンビニ、駄菓子屋で購入してきたお菓子がズラリ

スーパーやコンビニ、駄菓子屋で購入してきたお菓子がズラリ

スーパーのお菓子コーナー、コンビニなどいろんな場所で集めてきたお菓子の数々、これで台風が上陸しても口寂しさ対策は万全だと思う。

約束を守ったご褒美、お手伝いの感謝・お礼として渡したり便利なお菓子

約束を守ったご褒美、お手伝いの感謝・お礼として渡したり便利なお菓子

これらを全て数日間で食べるわけじゃない、1年を通してちょっとずつ、ほんとに数粒とかちょこっとな量を、週に一度など少ない頻度で食べていく。

だから虫歯の心配もそれほどない、とは思ってるだけどハミガキは面倒臭いからな。

理想は歯科医推薦のキシリトール菓子、砂糖不使用チョコレートとかがいいんだけど、なんで普通よりも高いんだろうか、歯医者さんの抵抗なのか。

”超怖い話ガム”などホラー系のお菓子は子どもだったら喜ぶ

”超怖い話ガム”などホラー系のお菓子は子どもだったら喜ぶ

ん?こんなお菓子、超怖い話ガム?なんでこんなものを買ったんだろうか、覚えていない。

昔懐かしい”きびだんご”駄菓子などオジサン世代も楽しめる

昔懐かしい”きびだんご”駄菓子などオジサン世代も楽しめる

ココらへんの駄菓子は酒のツマミ用に買ったのを覚えている。

行事・お祭り用に用意しとくのもいいかもしれんし、誕生会やピクニックにも案外役立ったりするかも。

 

旅行のお土産にもらったマルセイバター菓子ケーキ

旅行のお土産にもらったマルセイバター菓子ケーキ

六花亭のマルセイバターケーキ、いただき物なんだけどあまりにも甘くて食べきれず一番下に隠れていた。

コンビニのお菓子コーナーは新商品の良質な発掘場所

コンビニのお菓子コーナーは新商品の良質な発掘場所

女子ウケしそうなお菓子をオッサンがレジで支払う姿、情けないけど食べると美味しいんだこれが。

汗をかく暑い夏の時期、沖縄では欠かせない!?塩分補給のスッパイマン乾燥梅干し

汗をかく暑い夏の時期、沖縄では欠かせない!?塩分補給のスッパイマン乾燥梅干し

汗をかく暑い夏の時期、沖縄では欠かせない!?塩分補給のスッパイマン乾燥梅干し。カバンにひとつ入れとけば安心。

包装袋を見ただけで口の中に味と香りが広がるほど食べ慣れた飴玉(キャンディ)

包装袋を見ただけで口の中に味と香りが広がるほど食べ慣れた飴玉(キャンディ)

チェルシーとか小梅ちゃんの飴玉(キャンディ)とか、買い過ぎだ。

一通り手にとって(※食べてはいない)思い出に浸ったり味を思い返すタイムは終了。

再び箱のなかに戻していく。

再び箱のなかに並べて整理が完了したけど雑然さは直せなかった

再び箱のなかに並べて整理が完了したけど雑然さは直せなかった

う、、、お菓子の箱の家はリフォーム・リノベーションしても雑多な空間が仕上がるんだな、どうしても。

駄菓子屋の一角のような図になった撮影した写真・画像

駄菓子屋の一角のような図になった撮影した写真・画像

このお菓子の家をスッキリさせるには、、、食べる以外に方法がないのかもしれない。

子供の頃に出来なかったことを大人になってやってみる買い物、やってみると子供の頃のような感動は一切ない、ことが判明した。

食べたい時に食べられる量を都度購入するのが賢いのかもしれない・・・(汗)。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
レキオ日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。