沖縄の夏を快適に過ごす足元の必須アイテムは島ぞうり!人生初の白いビーチサンダル”ハワイアナス(havaianas)”は大人の男が履くべき一品だ!

人生初の”白い島ぞうり”を買った。

なんだか変な響きだな、白い・島ぞうり。

じゃあ”ホワイト ビーチサンダル”ならばどうだろう。

んー、どっちでもいいか(笑)。

とにかく、初体験の色のゴム草履を買ったので、記念にブログに載せようと書いてるわけだ(笑)。

下の黒いビーチサンダル、ほぼ毎日履いている愛用の島ぞうり。

底の溝がすり減り、湾曲し始めた黒いビーチサンダル・島ぞうり

底の溝がすり減り、湾曲し始めた黒いビーチサンダル・島ぞうり

沖縄人(ウチナンチュ)ならばカタカナでなく”島ぞうり”と書くべきか、そんなことはどうでもいいか。

写真では分かりづらいが、底の前と後ろ(指先・かかと部分)が経年劣化で反り始めている(笑)。それに履き始めてまだ1年経ってないけど、底もすり減っている。

島ぞうり(ビーチサンダル)を1年間履き続けたら底ソールが磨り減って恐ろしく滑って危険だ(恐)!安心のため毎シーズンごとに新しく買い替えよう!

底のすり減った島ぞうりは滑りやすくて非常に危険。なので新しく買い換えようと思ったわけなんだが、

底の溝がすり減り、湾曲し始めた黒いビーチサンダル・島ぞうり

底の溝がすり減り、湾曲し始めた黒いビーチサンダル・島ぞうり

選んだのは白いビーチサンダル。

まさかの白。

汚れが目立つからと避けていたけど、生まれて初めて真っ白な”ホワイト島ぞうり”を購入した。

スポンサーリンク

大人の男が履くべき島ぞうりの色は白が一番!初体験のメンズ・ホワイトビーチサンダルは意外とオシャレ!?

サンダルは他にも種類があって、コンフォート、ストラップ、シャワー、スポーツとあるが、沖縄でサンダルといえば島ぞうり。

その白い島ぞうり、写真を見るとフォルムがオシャレなのが一目瞭然。

生まれて初めて白いビーチサンダル・島ぞうりを購入した

生まれて初めて白いビーチサンダル・島ぞうりを購入した

厚さはほぼ一緒なんだけど、材質が違うので重さは白のほうが倍以上重たい。

サイズ、厚さはほぼ一緒だが約3倍ほど重い

サイズ、厚さはほぼ一緒だが約3倍ほど重い

それと、価格も約3倍近く高い。黒い島ぞうり約600円、白いビーチサンダル約1800円。

こんなに高い島ぞうりを買ったのは人生初で、靴売り場では靴を脱いで、靴下も脱いで試着した。

今まで靴の裏と合わせて確認する程度だったのに、島ぞうりの試着、初体験(笑)。

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ブランドはhavaianas(ハワイアナス)。

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

「ほれほれ、今履いてる島ぞうりはあの”ハワイアナス”なんだぞー!」とすれ違う人たちに自慢するためにhavaianasの文字を赤ペンで塗って強調しようかと思ったけど、なんとか踏み止まった(笑)。

[havaianas]ハワイアナスのビーチサンダル商品タグ

[havaianas]ハワイアナスのビーチサンダル商品タグ

MADE IN BRAZIL、え?メイド・イン・ブラジルだって!?

[havaianas]ハワイアナスは商品タグのデザインもオシャレだ

[havaianas]ハワイアナスは商品タグのデザインもオシャレだ

商品タグもオシャレ(笑)!サンバ、ボサノバのリズムが脳内で奏でられ、自然と足はカポエイラの技を繰り出し、手はブラジリアン柔術の絞め技を・・・っと、なにやら光る物が

ビーチサンダル・ハワイアナス商品タグのホログラムシール

ビーチサンダル・ハワイアナス商品タグのホログラムシール

このピカピカ具合、小学生時代のドキドキ学園、ビックリマンのボス級を引き当てた時の興奮が蘇るー!!!っていう感じで商品タグだけでも楽しめるハワイアナス(笑)

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

なんと、履いたら足で隠れて見えなくなる部分にもロゴが施されている。これが、ハワイアナスだ。大事な裏面・底の滑り止めの溝もチェックしておかないとな。引っくり返してみると、

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

まるで沖縄の砂浜みたい。

これが、ハワイアナスだ。

正直、オシャレだと思った。

と同時に、不安に駆られた。

沖縄生まれ沖縄育ちの純田舎者な自分に、本当に白いビーチサンダルが履きこなせるのだろうか、と。

ユニクロ一辺倒の服装と真っ白な足元の組み合わせが、履いてるつもりが履かされてるように見えないか、と。

もしかして、白いビーチサンダルに慣れていない周りのウチナンチュには裸足で歩いてると勘違いされはしないか、と。

そんなわけで、履いて外へ出た時の他人の視線が怖くて買ってから約1ヶ月間ジャスコの袋に入れたままだった。

でも、このままじゃ今履いてる黒い島ぞうりの底がすり減って足裏に到達してしまうかもしれない。本当の裸足生活になってしまうかもしれない。

ならば左足を白、右足を黒と履き分けて、白黒ハッキリつける非・優柔不断な男を演出するコーディネート!を検討してみたが、小学生がやりがちな「左右で靴下間違えて履いてるぅ~バーカ(笑)」の大人版になる危険性もあったので却下した。

日に日に気温は上がり、暑くなる。夏は待ってはくれない。ここは素直に、両足をハワイアナスで決めて街へ繰り出してみようじゃないか、意を決して、清水の舞台から飛び降りるつもりで、履いてみたよ。

エイヤー!

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

え?心配していた肝心の履き心地は意外と良い(笑)!

足裏にピッタリと張り付くような密着感、だからか黒い島ぞうりを超える重みは全く気にならない。

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

ハワイアナスの白いビーチサンダル・島ぞうり

これ、良いかも(笑)!

大人の男は直球勝負で真っ白な島ぞうりが似合うかもしれない!南国沖縄の照りつける太陽に映えるビーチサンダルだ!自分の足を見下ろして思い出したのが映画シティ・オブ・ゴッドだった。あの弱肉強食のスラム街で生き延びるギャングたちの足にも島ぞうりらしき履物が映っていたのを覚えている。

自分は今、沖縄のギャングと化したのだ!(※足だけ)

黒から白という思い切った買い替えの決断、吉と出るか凶と出るか不安だったけど、間違いなく吉だ!それに白のほうが洋服との組み合わせもしやすいから便利かもしれない。

もし、自分と同じようにあ白い島ぞうり・ホワイトビーチサンダルを履いたことがない男性は、ハワイアナス havaianas ビーチサンダルをオススメする(笑)!

って、ええ?楽天さんよ、送料無料で1000円以下って、そりゃないぜぇ~(笑)