伊江島 日帰り旅行|ゆり祭り、いえじまたっちゅー登山、沖縄本島からフェリーで約30分の離島を駆け足で観光してきた(笑)!

※画像多めの記事である。

沖縄本島北部、本部町の港

沖縄本島北部、本部町の港

本部町の港に立っている。

小学校以来、何十年ぶりに伊江島を訪れるため。ただし日帰りだが。

これまで一度だけ訪れたことがある伊江島。当時は小学生五年、六年生だったか。修学旅行?宿泊学習?何で行ったのか、ハッキリとは覚えていない(汗)。そんなハッキリとは覚えていない中で、3つだけハッキリと覚えいていることがある。

1つ目は生まれて初めの船旅。

2つ目は初体験の登山。

3つ目は伊江島旅行のお土産を渡された家族の微妙な表情だ。あの顔が一番ハッキリと覚えている。

伊江島タッチューを登り、下りた後の(←メインなはずなのにザックリ)テントが張られた売店でお土産にキーホルダーを10個ぐらい買った。他の友人たちはピーナツ黒糖だっけ?食べ物なんかも買ってたけど、自分が買ったのはキーホルダーだけだった(笑)。

帰宅後、「はい、おみやげ!」とキーホルダーを手渡した時の家族の苦笑いが一番ハッキリと覚えてる。あの時の顔よ・・・。

自分の伊江島の思い出は、上の3つ以外の記憶はほぼ、ない。メインイベントだったであろう伊江島タッチュー登山も全く覚えてない。疲れた記憶もない。そりゃそうだ、毎日走り回って遊んでた小学生だったのだから体力はあり余ってた。

だから、伊江島の人たちには申し訳ないが自分にとって伊江島は

”キーホルダーの島”

なのだ。

伊江島・伊江村のホームページのどこにもキーホルダーについての記述はないが、沖縄本島に一人だけ、伊江島がキーホルダーメインの島と覚えている男がいたのだ。

今回の旅は、そんな自分に刻まれた”キーホルダー島”の記憶を(修正しての)上書きすることがメインである。

※実際は違う。メインはプライベートの用事(笑)。

先日のグリーンフィールドと似たリベンジ要素が詰まった日帰り旅行なのだ。

スポンサーリンク

伊江島フェリーにクルマ・自動車を載せるなら事前予約と早めの受付(出港30分前)を心がけよう!

伊江島行きのフェリーに切符売り場。

本部港で伊江島フェリーの切符(キップ)・チケットを買うため並ぶ乗客(観光客)

本部港で伊江島フェリーの切符(キップ)・チケットを買うため並ぶ乗客(観光客)

伊江島行きの船”いえしまフェリー”に車両を積み込む場合、事前の予約が必須である。

※”伊江島フェリー 予約”で検索

ゆり祭りなどイベント行事を目当てにするなら数週間前の予約を入れておくことをオススメする。でないと空きがなくなりキャンセル待ちになってしまう。

また、当然だが帰る際のフェリーにも載せなければいけないので同時に帰りの予約も取っておこう。

当日、車両を載せる場合は出港の30分前に受付で手続きを済ませよう。

車検証を提示する必要があるので事前に準備しておこう。

手続きが完了したらクルマを指定された番号の駐車場へ移動して港員の指示(誘導)を待つ。

本部港内の掲示板には宿泊施設や行事イベントの告知案内、手書きのチラシが貼られていた

本部港内の掲示板には宿泊施設や行事イベントの告知案内、手書きのチラシが貼られていた

手続きを終えて出港まで時間があったのでちょいと散策。港内の掲示板。手書きのチラシ、乗船時の注意事項、色々あって楽しい。指名手配犯は顔写真より特徴を掴んだ似顔絵のほうが発見されやすいんじゃない?

伊江島イメージキャラクター「タッちゅん」

伊江島イメージキャラクター「タッちゅん」

伊江島イメージキャラクター「タッちゅん」のズボンはピーナッツ、帽子は伊江島タッチュー、花はゆり?フェリーもあるし、鳥の種類はなんだろうな。

本部港発、伊江島行きフェリーに乗り込む乗客たち

本部港発、伊江島行きフェリーに乗り込む乗客たち

出発時間が迫ってきたのでクルマに乗り込んで指定場所へ移動し、乗船の合図を待つ。車両の乗船は乗客が乗り終えてから。

フォークリフトで荷物を運び込む港員

フォークリフトで荷物を運び込む港員

乗客、車両の乗船が済んだら次は大型観光バス、各種荷物が運ばれる。

フェリーにクルマ(自家用車)・レンタカーを乗船させるには事前に予約が必要である

フェリーにクルマ(自家用車)・レンタカーを乗船させるには事前に予約が必要である

船酔いが不安だったのでクルマの中で待機してしようかと思ったけど、エンジン音が響き、予想外の暑さで蒸し焼きになりそう(笑)。クルマのエンジンをかけてエアコンをつけてもいいか船員に聞こうと(排気ガスとか心配で)探しながら上の客室フロアに行ってみると涼しいー。

船内は賑やかで座席はほぼ全席が埋まっていた

船内は賑やかで座席はほぼ全席が埋まっていた

なんか学生時代の遠足へ向かう雰囲気で溢れかえった船内。座席はほぼ全て埋まり、おもいおもいに寛いでいた。

※膝や腰が痛くてどうしても座りたい場合は早めの乗船が必須!

船内は掃除が行き届いてキレイだった

船内は掃除が行き届いてキレイだった

それにしても前回乗ったフェリーはこんなキレイだったかなあ・・・と思い出そうとしたけど浮かんでくるのは引きつった顔の家族だけで無理だった(笑)。

外に出てみると、海風・潮風が気持ち良い~!

30分の航路なので船内をウロウロ散策した

30分の航路なので船内をウロウロ散策した

歩きながらパシャパシャ写真を撮ってたら外国人観光客にカメラ撮影を依頼された。英語でハイチーズはどう言うのか?と焦りながらも「OK?OK?・・・ハイチーズ」結局はハイチーズって言ってしまった(笑)。っていっても相手は中国語?喋ってたけど(笑)。

本部港を出発する伊江島(いえしま)フェリー!

本部港を出発する伊江島(いえしま)フェリー!

パシャパシャ撮ってたら伊江島に到着する前に、いや船が出港する前にカメラの撮影限度に達しそうで抑えそうだと心配になったところでさあ出港の時間だ!

瀬底大橋の下を通って伊江島へレッツゴー!

本部町を離れる伊江島フェリーの波しぶき

本部町を離れる伊江島フェリーの波しぶき

海面からトビウオが飛んでいく姿が見えると乗客の歓声が上がる!その様子は残念ながら撮れなかった(汗)。なので、再び船内をウロウロ散策!

店内の売店ではお土産品も販売されていた

店内の売店ではお土産品も販売されていた

船内の売店には軽食・お菓子スナックもあれば伊江島土産もあり買おうか迷ったけどまだ旅は始まったばかり。我慢だ。

海の上・船の上で記念撮影する家族・観光客の姿

海の上・船の上で記念撮影する家族・観光客の姿

やはり船の先頭が一番人気(笑)。で、自分と同じように船内を散策する人、多数(笑)。考えれば30分の船旅だから船酔いはそれほど心配しなくても大丈夫か。

テーブル・ベンチでくつろぐ人々

テーブル・ベンチでくつろぐ人々

轟音を立てる両エンジンの間のテーブル・ベンチでくつろぐ人々。イヤホンつけて音楽聴いてる人もいたけどかき消されない?

標高172メートルの城山(ぐすくやま)、通称「伊江島タッチュー」が近付いてきた

標高172メートルの城山(ぐすくやま)、通称「伊江島タッチュー」が近付いてきた

徐々に近付いてくる伊江島タッチューにワクワク・ドキドキ。

約30分で伊江島港ターミナルに到着!

約30分で伊江島港ターミナルに到着!

船の中を散策してたらあっという間に30分が経って到着ー!30分ずーっと歩き回ってたら少し疲れた(汗)。

伊江島フェリーを下船してターミナルへ向かう乗客たち

伊江島フェリーを下船してターミナルへ向かう乗客たち

フェリーを降りて数十年ぶりに伊江島へ上陸!空は雲が多く太陽が見えないあいにくの天気?だが、結果良かった。曇であの暑さ、晴天だと日焼けもしたただろうな。

訪れた人々を出迎える伊江島人(いえじまんちゅ)

訪れた人々を出迎える伊江島人(いえじまんちゅ)

当時はなかったであろう施設(覚えてないけど)物産センターで観光客を出迎える伊江島人(いえじまんちゅ)の観光協会だろうか。メンソーレー!

ゆり祭り開催中ということで綺麗に咲いた花が出迎えてくれる

ゆり祭り開催中ということで綺麗に咲いた花が出迎えてくれる

良い香りがするゆりの花。プチゆり祭りだ。が、特に立ち止まって匂いを嗅いだり撮影する人は少なかった(汗)。

島内で多数飼育されている伊江島和牛の像

島内で多数飼育されている伊江島和牛の像

島内をクルマで走ると目にした伊江島和牛の像。食べたかったなー。

船を降りた人々が一斉に向かった先に自転車が並んでいた

船を降りた人々が一斉に向かった先に自転車が並んでいた

物産センターも撮影しながら散策してたら、船を降りた人々が一斉に向かう場所を発見。たくさんの自転車が並んでいるが、

レンタカー、レンタルバイク、レンタサイクルの看板

レンタカー、レンタルバイク、レンタサイクルの看板

レンタサイクルの受付・貸出所らしい。レンタカーもあるけど、自転車でも巡れるのが伊江島らしい。でも、普段から乗っていないと途中でバテるだろうな。

伊江島レンタサイクル(自転車)

伊江島レンタサイクル(自転車)

ママチャリかあ、スポーツタイプや電動自転車じゃないと自分は無理だな。

自動車を持ち込んでいたので島内をドライブしてみる

自動車を持ち込んでいたので島内をドライブしてみる

持ち込んだクルマで目的を果たすため島内を走らせてみる。

葉タバコ畑、ピーナッツ畑?のどかな風景が続く

葉タバコ畑、ピーナッツ畑?のどかな風景が続く

多くは畑だけど繋がれたヤギが草を食べていたり、牛小屋があったり、のどかな風景が続く。

伊江島タッチュー(城山)を目指してみる

伊江島タッチュー(城山)を目指してみる

なんだかんだいって結局は高い山を目指してしまう(笑)。

伊江島タッチュー(城山)を目指してみる

伊江島タッチュー(城山)を目指してみる

あれ?なんか、小学生の時に見た以来の伊江島タッチューなんだが、高さが増したように見えるのは気のせいか(笑)。

麓(ふもと)の駐車場へ向かって坂を登る

麓(ふもと)の駐車場へ向かって坂を登る

入り口では観光案内のスタッフが誘導していて、高齢者など歩行に補助が必要な人がいるなら山の麓(駐車スペース)までクルマで上がっていいと言われた。※許可を得ようね

そびえ立つ伊江島タッチューを見上げる

そびえ立つ伊江島タッチューを見上げる

伊江島タッチュー到着!低く見えるのかなと思ってたけど、フツーに高いね(笑)。笑っていられたのは、この時はまだ登るつもりはなかったから。

城山お土産品店の前で観光バスが止まり乗客が降りていく

城山お土産品店の前で観光バスが止まり乗客が降りていく

観光バスから降りた乗客はトイレに行ったり売店に入ったり、で、山へ入っていったり。

伊江島タッチュー入り口で記念撮影する観光客たち

伊江島タッチュー入り口で記念撮影する観光客たち

見るとね、出てきた人たちが笑顔でとても気持ちよさそうに見えたわけ。「ふ~ん、小学校の時に登った記憶、ほぼないからなあ・・・どうしようかな、キツイかな、でも降りてくる子どもでさえ平気な顔してるぞ、ウ~ン・・・」

伊江島タッチュー入り口

伊江島タッチュー入り口

行っちゃえー(笑)!

伊江島タッチューの頂上へ続く山道

伊江島タッチューの頂上へ続く山道

鬱蒼と茂る木々、あれ?伊江島タッチューってこんなだった?不安になって途中で引き返そうと思ったけど止めた。後ろには他の人がいたので戻るの恥ずかしいから(笑)

※動画は頂上手前で途切れている

頂上までの道で心配だったのが体力の他に、ハブ。

沖縄で山と言えば気になるのがハブではないだろうか。登山後に島の人に聞いてみた。

「伊江島にハブ(毒蛇)はいるのですか?」

「いるよ。でも最近はあんまり見かけないねえ。え?伊江島タッチューに?うーんどうだろうなあ・・・。あ、でもさ、ハブを捕まえて届けたらお金もらえるんだよ。死んでてもね。生きてたら高くなるねえ。」

いるんだ(笑)。しかもお金になるらしい。どこへ誰に届けるのかは聞き忘れた。ハブがいるとした山が多いだろうなと思ったんだが、ハブ注意看板は見かけなかったな。あ、あったけど登るのに必死で見落としていたのかも知れない。

伊江島タッチューの頂上へ続く石階段

伊江島タッチューの頂上へ続く石階段

階段の途中で手すりにつかまって呼吸を整える人へ「あともう少しだよ頑張ってー」と声を掛けると励みになるよ。だって、言われた本人がそう感じたんだから(笑)。

※軽い気持ちで伊江島タッチューへ登るなら、筋肉痛は覚悟しておこう。

伊江島タッチュー頂上付近から見下ろした風景

伊江島タッチュー頂上付近から見下ろした風景

山腹からの風景。「キレイだなー!」というよりも「頂上はまだかー?」のほうが強い。

伊江島タッチューの頂上で寛ぐ登山者たち

伊江島タッチューの頂上で寛ぐ登山者たち

伊江島タッチューの頂上数メートル手前の様子。みんな写真撮ってる。

伊江島タッチューの頂上で寛ぐ登山者たち

伊江島タッチューの頂上で寛ぐ登山者たち

みんな達成感でいっぱいの笑顔!座りやすい石には先客が。風が気持ちいいし、眺めも最高。下の売店で飲み物買って頂上で飲めばよかったなー。※ゴミは持ち帰るべし!

伊江島タッチューの頂上から見下ろす景色

伊江島タッチューの頂上から見下ろす景色

伊江島タッチューの頂上から撮影した写真。

伊江島タッチューの頂上から見下ろす景色

伊江島タッチューの頂上から見下ろす景色

頂上へ到達した感想は、

「伊江島タッチューの頂上から見下ろす景色キレイだなー!」

よりも、

「疲れたー。それにしても意外と広いよな、それに坂もあるから自転車で観光するのは自分には無理だなー、レンタルバイクかレンタカーじゃないと無理だなー」

だった(笑)。

頂上はゴツゴツした岩場で歩きにくい。転倒に注意が必要だ

頂上はゴツゴツした岩場で歩きにくい。転倒に注意が必要だ

足がパンパンでよろめく人もいた。下山は階段で転ばないように注意が必要。急な階段は降りるときのほうが注意が必要。

伊江島タッチューを登った後はドライブ再開、

伊江村指定名勝 湧出(わじ)は湧き水のこと

伊江村指定名勝 湧出(わじ)は湧き水のこと

トイレを探していたら偶然辿り着いた場所は湧出(わじ)石碑が立つ場所。60メートルの断崖絶壁?どれどれ、

60メートルの断崖絶壁を見下ろす

60メートルの断崖絶壁を見下ろす

ワーオ!絶景!喜屋武岬のようだ。

60メートルの断崖絶壁を見下ろす

60メートルの断崖絶壁を見下ろす

高所恐怖症にはキツイ画像?

掘っ立て小屋?簡易な売店が駐車スペース脇に立っていた

掘っ立て小屋?簡易な売店が駐車スペース脇に立っていた

公衆トイレの横にコンテナのお店?気になったので近寄ってみると、

伊江島特産のアイスクリームを手書きで紹介

伊江島特産のアイスクリームを手書きで紹介

meijiとかアイスのイラストとか、手書きのメニュー看板がいい味出してる。

店内では手作りのアクセサリーが売られているようだった

店内では手作りのアクセサリーが売られているようだった

店内で作業中?スタッフに声をかけるのが申し訳なくて外から眺めてた。

風の谷のナウシカ?天空の城ラピュタ?

風の谷のナウシカ?天空の城ラピュタ?

店の壁には見たことある絵が。

と、しまった!船の時間が迫っているー!!!クルマを載せるから早めに手続きしないと、なんと、まだゆり祭りへ行く前だったのだ!

リリーフィールド公園はどこだ!どこなんだ!スマホのGoogleMapへ目的地を打ち込んで探す!

※それにしてもグーグルマップの精度、道案内のタイミング凄かった。道案内のタイミングズレもなくびっくりした。カーナビ要らんやん!伊江島を網羅してるGoogle、半端ねえな!

大勢の観光客で賑わっていた伊江島ゆり祭り会場

大勢の観光客で賑わっていた伊江島ゆり祭り会場

急げ急げ船が出るぞー!と駆け足でゆり祭り会場へ(笑)!色とりどりの花、香り、そして特設ステージでは民謡演奏が流れ、GW(ゴールデンウィーク)中のメインイベントであるはずなのに終始、駆け足(笑)!

辺り一面に咲き乱れるゆりの花、そして香りが漂う旬の光景

辺り一面に咲き乱れるゆりの花、そして香りが漂う旬の光景

いいか、メインイベントは後回しにせず一番最初に行ったほうがいい(笑)!キーホルダーの島リベンジ!だったがゆり祭りでミスってしまったーと撮影する暇もないほど駆け足で巡ったなんとも慌ただしい一日だった。(笑)

で、急いで伊江島港ターミナルへ戻る(笑)

伊江港ターミナル・物産センター内の売店

伊江港ターミナル・物産センター内の売店

時間を気にしながら急いでお土産を買う。

試食に人が群がるほど人気だったのが伊江島小麦チップス ケックン(※3種類)

試食に人が群がるほど人気だったのが伊江島小麦チップス ケックン(※3種類)

試食用の袋に客が群がって食べていたチップス。塩・スパイシー・黒糖&シナモンの3種類の味があり、個人的にオススメは黒糖シナモン。癖になる美味しさ。ぜひお土産用と自分用に買って欲しい(笑)。

お酒や黒糖など様々なお土産が並んでいた

お酒や黒糖など様々なお土産が並んでいた

その他にも色々なお土産があった。買い物は帰る間際だと船の時間が気になって集中できないから到着直後、またはお昼時間にゆっくりと選ぶのがオススメ。

伊江島土産の定番イエソーダは4種類の味が用意された炭酸飲料

伊江島土産の定番イエソーダは4種類の味が用意された炭酸飲料

イエソーダも人気だった。

  • 黒糖ソーダ
  • ホワイトソーダ
  • ドラゴンフルーツソーダ
  • シークアーサーソーダ

※各220円(税込み)

フェリー内のゴミ箱でも多数見かけた(笑)

フェリー内のゴミ箱でも多数見かけた(笑)

フェリーのゴミ箱はイエソーダでいっぱい。

伊江島から本部町へ帰るフェリー船上の様子

伊江島から本部町へ帰るフェリー船上の様子

帰りの船も座席椅子は早いものがち。ゆっくり乗っても座りたいなら折りたたみ椅子を用意してきてもいいかもしれない。

沖縄で流行っていた麻疹(麻しん・はしか)注意喚起貼り紙

沖縄で流行っていた麻疹(麻しん・はしか)注意喚起貼り紙

観光キャンセルの原因となった麻疹。流行するという沖縄には痛い事態に。

売店で小腹を満たそうと物色してみた

売店で小腹を満たそうと物色してみた

船内の売店でお菓子でも買おうかな、と思った時だった。

「!?」

”沖縄そば”と書かれたPOP広告がひときわ目立つ

”沖縄そば”と書かれたPOP広告がひときわ目立つ

沖縄そばの文字を発見(笑)!七味唐辛子もあるし!

弁当屋さんでありそうなカップ入りの沖縄そば150円

弁当屋さんでありそうなカップ入りの沖縄そば150円

まだ船は港を出ていないから伊江島そば、として食べておくことにしよう。150円とお手頃価格なのも嬉しい。

イエソーダと一緒にフェリー内の邪魔にならない場所で実食!

イエソーダと一緒にフェリー内の邪魔にならない場所で実食!

乗客の邪魔にならない場所を確保して

中身は沖縄そば麺、かまぼこ、普通の素朴な内容だ!

中身は沖縄そば麺、かまぼこ、普通の素朴な内容だ!

”いえしまフェリー沖縄そば”、いただきます!

味は、普通の上等の沖縄そば!

味は、普通の上等の沖縄そば!

味は、普通の上等の沖縄そばなんだが、

海の上、船の上で潮風にあたりながら食べると美味しさが増す(笑)!

海の上、船の上で潮風にあたりながら食べると美味しさが増す(笑)!

海の上、船の上で潮風にあたりながら食べると美味しさ倍増だ(笑)!

十数年振りの伊江島を発つフェリーの波しぶき

十数年振りの伊江島を発つフェリーの波しぶき

さようなら伊江島、また来るからな!あ、行くからな!

旅行って行きよりも帰りのほうが感傷に浸りやすい?

旅行って行きよりも帰りのほうが感傷に浸りやすい?

行きとは違って帰りはみんな旅の思い出に浸って?少し静か(笑)。

本部港に到着したら、あとは交通事故に気を付けて帰るのだ。

交通事故に気を付けながら安全運転で帰路へ着く

交通事故に気を付けながら安全運転で帰路へ着く

運良く他のクルマの事故も見かけなかった安全運転の旅でもあった。

伊江島旅行のお土産袋

伊江島旅行のお土産袋

伊江島旅行のお土産が入った袋。※これは自分用で袋は他にもある(笑)

伊江島・日帰り旅行のお土産者を並べて撮影した

伊江島・日帰り旅行のお土産者を並べて撮影した

紅芋チップス、ピーナツ黒糖、殻付き落花生、パイン糖、黒糖、その他色々。ケックン、もっと買っとけばよかったと後悔。みんなはもっと買うように。

伊江島の炭酸飲料イエソーダ

伊江島の炭酸飲料イエソーダ

一色、一本足りないけど緑色のシークアーサーソーダ味は船で飲んだから。

イエソーダの味は普通の上等!

イエソーダの味は普通の上等!

黒糖イエソーダ、これもフツーに美味しい!コーラっぽい。

と、駆け足で巡った伊江島の日帰り旅行なんだが、正直、日帰りではモッタイナイ。船の時間を気にしながら早足、駆け足でせっかく時間がゆったり流れる雰囲気なのに忙しいったらありゃしない(笑)。今回は日帰りしなければいけなかったんだが、これから行くつもりなら最低一泊、いや二泊ほど余裕をもって、ゆったりと巡るのがいい

▼伊江港から徒歩10分。目の前には東シナ海の宿▼

 

▼一棟貸切宿。一日一組限定でプライベートを満喫できる宿▼

 

▼海まで歩いて30秒!ダイビング&ステイはもちろん。青い海・白い砂辺が目の前の宿▼

 

あと、伊江島でクワンソウも食べた。

いただき物の冷凍クワンソウ

いただき物の冷凍クワンソウ

この呼名は沖縄特有で和名をアキノワスレグサというそう。昔の沖縄の人達は眠れないときに食べていたそうだが、自分は初めて食べた。食べた感想は、艶やかな野菜。味と触感はホウレン草に近いと思う。

自然解凍させて、もずくと一緒に食べると美味しい!

自然解凍させて、もずくと一緒に食べると美味しい!

オススメはもずくと一緒にお酒のツマミにすると気持ちよく眠れる(笑)

次回の離島旅行は日帰りで駆け足じゃなく、のんびり巡れるようにしようっと。