NO UNIQLO NO LIFE

ブルブルブル(ノД\lll)、そ、想像してみる・・・。

もし、自分の洋服タンスの中から、UNIQLO(ユニクロ)の商品を全て取り上げられたら・・・。

靴下、下着パンツ、ショートパンツ・ロングパンツ、下着シャツ、Tシャツ等、ベルト、帽子など全部を・・・。

あれ!?なんてこった、缶コーヒー買うためにコンビニすら行けなくなるじゃないか・・・。

靴を履いたらあとは全身素っ裸の変態が立っているはずだ・・・。

またイチから、遊びに行くために着る外出用の服、を買うために着ていく服を集めなきゃならないじゃないか・・・。

スポンサーリンク

自分にとってUNIQLOはFASHIONではなく消耗品

ユニクロの買い物袋

ユニクロの買い物袋

ユニクロで購入した洋服で上手にコーディネートしてお洒落を演出したいとは思っていない。最低限、清潔感があれば構わない。お洒落したいならお洒落ブランドで服を買う。

自分がユニクロに求めているのは使い捨て感だ。いや、使い捨てはしない。実際には1度でも着用したら捨てる、なんてことは絶対にしない。

耐久性よりも機能性を重視して、あとはシミや穴が空いてたりしなければOKだ。あとは着まくって着まわして擦り切れさせて両手を合わせ感謝して処分する。

UNIQLOで購入した商品

UNIQLOで購入した商品

ユニクロの商品で一番好きなのが靴下だ。あの適度な耐久性がいい。脆すぎないし、丈夫過ぎずという、履き回すとある程度で穴が空く造り。

そろそろ、洗濯しても汚れが落ちなくなってきたなというタイミングでうまい具合に穴が空いて新品との世代交代を決心させてくれる。

今回もその世代交代の時期がやってきた。だいたい1年に2回ぐらいの頻度で買い直す。で、ちょうどよくユニクロもそのタイミングで新商品が登場する。

UNIQLOの靴下3点

UNIQLOの靴下3点

ユニクロの商品に限っては他人と被っても全然イヤじゃない。むしろ、『お、あなたもユニクロですね』と握手の手を差し出しそうになる。

ユニクロの商品で気に入ったものは同じ色・柄を複数品も買ったりする。『あの人、毎日同じ洋服着てる』と思われようが全然構わない。

他人と被りたくないなら高級ブランドを買うかオーダーメイドの洋服を買う。買いたくても買えないという言い訳に聞こえたら、ズバリそのとおり・・・。

UNIQLO スイムアクティブショーツ

UNIQLO スイムアクティブショーツ

チノショートパンツの股に穴が空いたので、同じベージュ色で同じサイズと買い換えようと思ったら新しいパンツを発見したのでこっちにした。

スイムアクティブショーツ。つまり、海パンだな。確かに、商品名に「海水パンツ」と書かれてるのと、どっち買うかと聞かれたら。

ユニクロは新しくてもチラシに載っていない・知らない商品があるから実際に店舗に行くのが楽しくなる。あとは参考程度にスタッフの着まわし方を眺めたりとか。

UNIQLO スイムアクティブショーツ

UNIQLO スイムアクティブショーツ

1万円あれば全身コーデを揃えられるのも嬉しい。以前はジーンズ買うのにJEANS SHOP U(ジーンズショップ ユー)でTシャツに5,6千円とか、ジーンズに2万円近くも出したこともあった。

安ければいいというわけじゃないけれど、ユニクロは価格と機能性のバランスが自分みたいな庶民にピッタリだと思うから着れているんだと思う。

海水パンツ、靴下、エアリズム

海水パンツ、靴下、エアリズム

今年の夏はエアリズムTシャツ、五本指ショートソックス、海水パンツがあれば乗り切れそうな予感。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
レキオ日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。