プリンを凍らせるだけで簡単にデザートのプリンアイスが出来上がる!?

プリンを凍らせると美味しいプリンアイスクリームが完成する!?という話を聞いたので早速試してみた。プリンを冷凍庫に閉じ込める?邪道だ!プリンはあのゼリー状のプヨプヨ感があってこそのプリンじゃないか!凍らせたプリンはプリンじゃない!と怒る人はいないと思う。

半日ほど冷凍庫の中にプリンを置く

半日ほど冷凍庫の中にプリンを置く

試したのは森永プリン。しっかりと書かれている、「ぷるぷるカスタード」と(汗)。凍らせるとプルプル感を失うけれど、怖がっていたは何も得られない。勇気ある一歩を踏み出そう。

プリンの隣で出番を待っているのはチューチュー。チューチューも冷やすだけで歯で穴を開けて口から離してギュッと握り噴射される液体を凍らせるだけでかき氷のように食べられる。

ぷるぷるプリンを凍らせると、凍らせたチューチューと同じように新世界へ足を踏み入れることができるのではないだろうか。近い将来、スーパーのプリンが冷房コーナーから冷凍コーナーへ、アイスクリームと同じ場所で陳列されるかもしれない。

スポンサーリンク

プリンを凍らせたら本当にプリンアイスクリームになる?

カチカチに凍らせたプリンを冷蔵庫で30分ほど放置

カチカチに凍らせたプリンを冷蔵庫で30分ほど放置

半日ほど冷凍庫で凍らせたプリンを取り出し、さらに冷蔵庫へ移して30分ほど放置してほんのちょっとだけ解凍させる。冷凍庫から取り出した状態のプリンは固すぎてスプーンが刺さらず食べられない。アイスプリンではなくてプリンの形をした石である。

スプーンが突きさせるほどに解凍し柔らかくなる

スプーンが突きさせるほどに解凍し柔らかくなる

上の写真のプリンが冷蔵庫で30分ほど置いて食べられる固さに解凍させたもの。容器を横から押して柔らかくなっていれば食べられる。冷凍庫から取り出してすぐはカッチカチに固くて押せない。

凍ってはいるがカッチカチではないプリン

凍ってはいるがカッチカチではないプリン

プリンを凍らせると表面はシワが寄った状態になるのな。

棒を刺した状態で凍らせると面白いかも

棒を刺した状態で凍らせると面白いかも

近づいてみると細かい氷が転がっている。プリンの香りは通常時よりは感じられないかな。

アイスプリンをスプーンで食べる

アイスプリンをスプーンで食べる

木のスプーンをもらうのを忘れたので金属スプーンでプリンに突き立ててみると・・・シャリシャリ、という音を立てながらゆっくりと沈み込んでいく・・・。これ、アイスクリームだよ・・・。

シャーベット状よりは固いアイスクリームプリン

シャーベット状よりは固いアイスクリームプリン

すくい取ったプリンはアイスクリームと一緒(笑)。肝心の味は・・・美味いプリン!なんだろう、ぷるぷる時とは違う旨味が誕生していないか!?というぐらいに美味しい!シャリシャリ、サクサク感のプリン。アイスクリームとシャーベットの中間のような食感。

底のカラメルも固まりアイス状で美味い!

底のカラメルも固まりアイス状で美味い!

底のカラメルも凍っていて美味い!なんだこりゃ、冬のアイスクリームの定番だった雪見だいふくと比べても、いい勝負するほど美味しいと思う(笑)。今年のクリスマスは巨大プリンを使ったジャンポプリンアイスをプレゼントしても喜ばれるかもしれない、いや、それは迷惑かもしれないが、棒を突き立てて凍らせても面白い。

冷蔵庫の中にプリンがあればぜひ試して欲しいプリンアイス、ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
レキオ日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。